虚像の君に恋をして

憂鬱な明日に魔法をかけて

アイドル論私観

熱愛スキャンダルに対して思う事

ごちゃ混ぜになった感情の整理と、未来への記録用。

※熱愛報道というデリケートな内容を含んでますし、過激な発言もしています。嫌悪感を感じられたら読まないでください。

 

 

私はアイドルが、ジャニーズが好きだ。


もし今好きな人達がアイドルじゃ無かったらきっと私は彼らを好きになってなかったし、今眼中に無い人達がジャニーズだったらきっとその彼らのことも好きになってただろう。


というのは、ジャニーズ事務所を辞め、アイドルではなくアーティストとなった赤西仁への気持ちと向き合った気づいた事だ。彼のことは今でも好きだが、KAT-TUNだった頃の彼に抱いていたような感情は今の彼には持っていない。(詳しくはこのブログで語ってます)

 

best8627.hatenablog.com

 


きっとジャニーズのファンをしている人達の大半が「ジャニーズのAくんが好き」なんじゃなくて「好きになったAくんがたまたまジャニーズだった」だけだと思う。“ジャニーズ”というブランド、“アイドル”という肩書きは単なる付属品に過ぎないのだろう。
ただ、私の場合は恐らくそうではなて、彼らの人間性を好きになったというより、ジャニーズとしてアイドルをしている彼らを好きになったのだ。

このように彼らが「アイドル」であることに重きを置いている私は、「アイドル」が「アイドル」であることへのこだわりが人一倍強い。

 

そもそもアイドルの語源は

 idol :偶像、聖像、偶像神、邪神、偶像視される人、崇拝物、アイドル、誤った認識

ちなみに

偶像:あこがれや崇拝の対象となるもの

つまり、彼らは我々と同じ人間でありながら、現実には存在しない「夢」や「理想」を具現化した存在なのだ。そんな風に夢を売るアイドルの生き様に魅了された。顔を、名前を、存在を商品として、自分の全てを人々に差し出し幸せを与える、私には絶対にできない“アイドル”という職業を選び、生きている人達を尊敬するし、応援したいと思った。だから、私は彼らの生き方に投資して夢を買っているのだ。

 

その上で、その道を自ら選び職業にしている彼らは、消費者がいる限り夢を売り続けるのが義務だと思う。だからどんな理由であれアイドルが熱愛報道を出すことは許せない。

まあ、手越さんのようなスタンスなら別。彼はファンを含む全世界の女性に対して「僕の子猫ちゃん」っていう生き方をしているから、熱愛が出てもアイドル像への矛盾が生じないし、総じて彼のアイドルとしてのキャラクターにつながるから。

けど、そうではない普通のアイドルなら、内容の真偽に問わず、スキャンダルのネタにされる軽率な行動が許せない。

 

確かに彼らにも一人の人間として恋愛の自由も遊ぶ自由もあるが、それは絶対に撮られてはいけないと思っている。彼らの名前がメディアに出た瞬間彼らはただの人間ではなく「アイドル」という肩書きを背負わずにはいられないんだから。ファンの前に見せる姿はリアルを隠し虚像の姿を貫き通すべきだ。

 


アイドルの熱愛報道が出た時に、その対象にリア恋していた人達が傷ついてる姿に対し、非リア恋の人達が「Aくんも恋愛の自由があるんだから、Aくんのことが本当に好きなら受け入れるべき」というようなやりとりが必ずと言っていい程SNS上で見受けられる。そしてそれらの発言がさも正しいかの様に扱われる。

しかし、このようにリア恋している人達を責めるのは間違ってはいないか?

だって、私たちは彼らが売る夢に投資してるんだから。お金を払って夢を買ってるんだからどんな夢の見方をしようがそれは人それぞれだ。だから、その対象にリアルな恋心を買っていた人達には、その夢を壊されたことに対し、それ相応に傷つき落ち込みその対象を責める権利があるのではないか?

 

また、アイドルの熱愛報道にダメージ受けるのは彼らにリア恋をしていたからだ、という認識が一般的にあると思うが、リア恋だけが傷つくわけではないと思う。私のように夢を売る「アイドル」という存在に夢を見ていて、プロ意識の欠如にダメージを喰らう人達も一定数居るのではないか?

私はアイドルをしている彼らの「アイドル」としての姿しか興味がないし見たくない。ドラマの撮影や番組のロケなど、アイドルとして仕事をしている彼らには遭遇したいと思うが、素のリアルなプライベートには極力遭遇したくないと思っている。アイドルなんて虚像の姿だってわかってるからこそ、現実は知らなくていい。

そう思ってるからこそ、アイドルの熱愛報道を見ると、TVという虚構の世界にリアルを持ち込むプロ意識の無さにがっかりする。それは、男子女子関係なく、アイドル全般に対して言えることだ。

 

アイドルは恋をするなとは思わない。

ただプロとしてそれをファンに知られるな。

 

ずっとずっとそう思ってきた。

 

だから、9月に彼の熱愛が出た時、

というtweetをている。

正直彼が誰と付き合おうが興味ないし構わないのだが、人気の絶頂にある今の時期にスキャンダルを撮られた彼の軽率な行動に心底腹が立った。


なのに…


いつから私はこんなに彼に甘くなったのだろう。

 

今回のスキャンダルを知った時、ショックや怒りよりも先に

「何しても騒がれて、あること無いこと書かれてプライベートが全くない彼が可哀想」

と思ってしまった。彼を擁護してしまった。

アイドルとしての姿を好きになったんじゃなくて、好きになったすがたがたまたまアイドルだった、というパターンの人なら彼を擁護するのもアリだと思う。「彼らの恋愛の自由もある」ってアイドルの人間性もまるっと受け入れる人たちも居るべきだし、全くその人達を否定するつもりはない。

 

ただ、私はアイドルがアイドルとして生きる姿に惹かれた人間なのだ。だから今までの私なら、私の描くアイドル像から逸脱した彼に対して“プロ意識持てよ”って怒ってたはずだし、本来なら、私が投資してきた人はこんなにもプロ意識が欠如してたのかって、失望して落胆してもう軽率なことはしないでって、ちゃんと牽制すべきなのに。

 

 

今の私にはそれが出来なかった。

それが出来なかった自分にもショックを受けた。

 

何故こうなったかはわからないが、知らず知らずのうちに彼にのめり込みすぎていたのだろう。私は彼のアイドル性に夢を見過ぎてしまっていたのかもしれないし、きっと今でもその夢から覚められずにいるのだろう。だから約2ヵ月でスキャンダルを出すような彼のプロ意識の欠如を目の当たりにしても、その現実の受け入れを咄嗟に拒否したのだと思う。

 

私は彼の発する言葉が好きだ。思考回路が好きだ。

どこまでが計算で作られたものかはわからにけど、雑誌やインタビューで垣間見える彼の内面に惹かれていた。だから、私の中の彼のアイドル像が勝手に膨らみすぎていたんだ。客観的にスキャンダルとかフザケルナって言えなくなるくらいに。

 

けど、これじゃダメだ。私がアイドルに求める理想のアイドル像を、ファンの私がダメにしてしまうことになる。


だから、まずは私が彼がまたスキャンダルを撮られたという事実を受け入れなきゃね。

まだ彼から夢を買い続けていたいから、“プライベートなくて可哀想”なんてそんな甘いことはもう言わない。ファンとしてちゃんとクレーム言わなきゃね。

 

 

2ヶ月前の反省はしてないの?

こんな大事な時期に、せっかく積み重ねてきた努力が報われてる大切な時に自分で自分のイメージ下げるようなことしないで。

報道の真偽に関わらず、世間には悪く切り取られたことだけがスキャンダルされた事実として貴方のイメージに繋がってしまうんだから。

もうただの大学生じゃないんだから、自分の人気と注目度を自覚して。


貴方に恋する子達の気持ちを傷つけないで。
アイドルに夢見る私たちの夢を奪わないで。

 

3度目はないからね。

 

いつまでも私の理想のアイドルでいて欲しいんだから。

 

謝罪とか反省の言葉なんていらないから、

全力で笑って素敵な夢を売って、“アイドル”としての職を全うしてください。

 

                                                                                                    2016.11.30 pm 25:43

 

※あくまでも私の感情の記録です。いちオタクの主観で、自分自信に向けて書きました。考えを押し付けるつもりは1㎜も無いです。

 

ただ、もし読んでくれた人に伝えたいことがあるとするなら、アイドルの熱愛報道に対してファン同士で言い争いをするのはやめませんか?ってこと。

その対象に恋をしていた人たちが傷ついて落ち込むのも、アイドル性にゆめを見ていた人たちが怒りその対象を牽制するのも、人間性含めて好きになった人たちがその対象を擁護するのも、表現方法は違えど皆その対象が好きで応援したい気持ちを持ってることには変わりないんだから。